[204]遥かなる水の音 村山由佳

~「僕が死んだら、遺灰をサハラに撒いてほしい」。パリの旅行代理店に勤める緋沙子は、若くして逝った弟の遺言を叶えるため、モロッコを旅することになる。同行者は、弟の友人だった浩介・結衣という若いカップルと、中年のフランス人男性。資産家の彼はゲイであり、晩年の弟と同居していた。互いを理解できないままに、さまざまな事情を抱えながら、4人は異国を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[203]もいちどあなたにあいたいな 新井素子

~なんだか変!いったい何が起きてるの?大好きな和おばさんは、愛娘を亡くして大きなショックを受けているはず、 だからあたしが力づけなくちゃ。でも、それにしても。―何かがおかしい。澪湖は、その謎を探り始める~ 若かりしころ、大好きだった新井素子さん。 久しぶりに長編を見つけたので即購入しました。 …変わってなかったです。良く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[202]猫を抱いて象と泳ぐ 小川洋子

~伝説のチェスプレーヤー、リトル・アリョーヒンの、ひそやかな奇跡を描き尽くした、 せつなく、いとおしい、宝物のような長篇小説~ 前評判もすごく良かったので、かなり期待して読み始めました。 基本的には、先が気になってどんどん読める本が好きなんですが、 こと、小川洋子さんの本に関しては、ゆっくり、時間をかけて読んだ 方がいいの…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

[201]まほろ駅前番外地 三浦しをん

~『まほろ駅前多田便利軒』での愉快な奴らが帰ってきた。多田・行天の物語とともに、星、曽根田のばあちゃん、由良、岡老人の細君が主人公となるスピンアウトストーリー~ その名の通り、番外編の数々。 こういうお話が多々書かれるのって、前に読んだお話の登場人物が出てくると、「あぁ、あの人!!知ってる知ってる~」と親近感が生まれ、よりお話に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

[200]獣の奏者Ⅰ闘蛇編・Ⅱ王獣編  上橋菜穂子

言わずもがな、のこのお話。やっと読みました!! あまりファンタジーを読みつけていないわたしでも、すっと入れる心地よさ。 アニメは見ていないのですが、映像で思い浮かぶシーンの数々。 本自体の厚さに躊躇していたのが嘘のように、あっという間に二冊読み終えて しまいました。 ただ純粋に生きようとしているエリンが巻き込まれていく政治…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

[199]夢は枯れ野をかけめぐる 西澤保彦

~勤務先を早期退職し、ひとり静かに暮らす中年男・羽村祐太。だが、彼のもとになぜか、 数々の不思議な事件の相談が持ち込まれ~ 初めての作家さんでした。 ミステリー系の作家さんであるのは知っていたので、借りてみました。 日常の謎系のお話で、短編なんですが、だんだん登場人物がつながっていく、 、わたしの好きな形の(^^ゞお話で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[198]フリーター、家を買う 有川浩

~「母さん死ぬな―」へなちょこ25歳がいざ一念発起!?崩壊しかかった家族の再生と 「カッコ悪すぎな俺」の成長を描く、勇気と希望の結晶~ 実際こんなにうまくはいかないよ・・・とは思いつつも、誠治が会社で認められ、家族にも 信頼され、そしてその事に誇りをもっていく姿は、読んでいて嬉しくなりました。 でも、、、世の中の若者全て…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more