本の中へ行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS [196]別冊 図書館戦争2 有川浩

<<   作成日時 : 2010/08/22 23:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

言わずと知れた、図書館戦争。
有川さんも言ってましたが、いつまでも出ちゃうのは作者というより制作サイドの
ご要望で・・・まぁ、そうでしょうねぇ。きっと売れるもん。

今回もサイドストーリーといえども、このお話のキャラは皆1人立ち?してるから、
もちろん堪能できました。
最近ありがちな、付かず離れず、あるいは付かないまま終わってしまうカップルの話
とは真反対に、ある意味確実に読者を裏切らないので、もうそれだけでも満足でした。



別冊 図書館戦争〈2〉
アスキーメディアワークス
有川 浩

ユーザレビュー:
プギャ━━━━━━m ...
予想外【ややネタばれ ...
ハッピーエンドがうれ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 別冊 図書館戦争〈2〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
別冊図書館戦争U
1362「別冊図書館戦争U」有川浩   アスキー・メディアワークス   ★★★★ ...続きを見る
読み人の言の葉
2010/08/23 17:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
別冊1の方は、郁と堂上のバカップルのラブラブモード全開でしたが、こっちはちょっとせつない話が多かったですね。
柴崎と手塚のカップルも好きなので、ちゃんと決着をつけてくれて嬉しかったです。
まゆ
2010/08/23 17:52
>まゆさん♪
2の方は、柴崎の、柴崎であるゆえの辛さみたいなものも描かれて、切なかったですね。
でも、郁も、柴崎も、素敵なパートナーに出会えて本当に良かった(^^ゞ
強引だろうと、こじ付けだろうと、やっぱりハッピーエンドが一番です。
butti
2010/08/24 01:53
とうとう、これで終わりかと思うと淋しいです。
が、buttiさんのおっしゃるように「読者を裏切らないので」私も納得しました。
だからなのか、次の有川作品が読めません。
chii
2010/08/24 22:23
シリーズの中でわたし的には一番面白かったです。
柴崎はお気に入りのキャラなんです。
彼女の視点で読むせいか、いつもは気になる郁の鈍感さも「柴崎の癒しになるならいいんじゃない?」と思っちゃいました。
柴崎が手塚に「大事にして」と連呼するシーン。
あそこで泣いちゃいました。。。
kanakana
2010/08/25 23:37
>chiiさん
本当に〜!!これで終わってしまうんだぁ、と最後はちょっと感傷的に!?読み終わりました。
有川作品、結構ハイペースで新刊が出てますよね。何冊か読みましたが、どれも読みやすく、面白かったです。chiiさんも機会があれば是非!
butti
2010/08/26 02:16
>kanakanaさん
わたしも、郁は放っておいても幸せになるだろうから(笑)、手塚に、
柴崎の事をわかってあげれる、包んであげれる人に早くなれ〜!!って
思ってました。
誰も彼も大円団。本当にいい終わり方でした〜。
butti
2010/08/26 02:21

コメントする help

ニックネーム
本 文

おともだちブログ

[196]別冊 図書館戦争2 有川浩 本の中へ行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる