本の中へ行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS [194]新参者 東野圭吾

<<   作成日時 : 2010/08/18 01:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

〜日本橋。江戸の匂いも残るこの町の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。「どうして、あんなにいい人が…」周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、事件の謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回る〜

「このミス」で1位!早々にテレビドラマ化決定!
いやー、ホントに大人気になってしまいました。東野さん&加賀恭一郎。
お祝いに?珍しく購入して読み始めたんですが、「せっかく買ったのに〜!」とつい思って
しまうほどスピーディーに読了。
それだけ、読みやすかったんです。
1篇1篇もちゃんとした謎解きになっていて、しかもそれぞれにドラマがあり、さらには
ひとつの大きな長編のパーツでもあり・・・。
アッパレ!な1冊でした。


新参者
講談社
2009-09-18
東野 圭吾

ユーザレビュー:
質の高い娯楽作品少し ...
シリーズ初心者の方に ...
またしてもやられた長 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新参者 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
短編集のような長編という構成も気に入ったし、東野圭吾には珍しい人情っぽいストーリーにも感動しました。
でも、振る舞いというか言動が加賀恭一郎らしくないなぁと、ちょっと違和感。。。
最後の章に彼らしい言葉があって少しほっとしましたが。
kanakana
2010/08/25 23:21
>kanakanaさん
そうなんですよ、書評の中には、「宮部みゆきかと・・・」なんて書かれたりもしてました。ただ、庶民的な?ストーリーの中にも、東野さん独特の切れのあるトリックが入り込んで、お話を引き締めてましたよね。
でも…kanakanaさんのおっしゃるとおり、いつもの寡黙な加賀恭一郎ではなかった気がします〜。
butti
2010/08/27 01:02

コメントする help

ニックネーム
本 文

おともだちブログ

[194]新参者 東野圭吾 本の中へ行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる